1. DUKEオフィシャル
  2. >
  3. NEWSPRESS 記事一覧

よくあるご質問

NEWS PRESS ー 新着情報 ー

すべて      お知らせ      ARTIST & RELEASE 情報      DOMO PRESS     

DOMO PRESS     2020/02/28
【中村 中】インタビュー!
歌手としての傍ら、多くの表現者や、舞台への詞・曲提供を行うなど、近年では舞台やテレビで役者としても活躍中の中村 中。そんな彼女が満を持して新作を発表した。現代社会におこるおかしなことをテーマに制作された『るつぼ』から1年、日常に潜む問題に視点を移してうまれたのが『未熟もの』。最新アルバムについて、そしてこの時代に生きる彼女の想いについて話を聞いた。...  続きを読む
DOMO PRESS     2020/02/21
【TUBE】 インタビュー!
1980年代から日本の夏を歌い続けてきたTUBEが、今年6月でデビュー35周年を迎える。そして毎年恒例となっている夏のスタジアムライブも、今年は通算32回目となる地元・横浜スタジアム公演(9月5日)に加えて、5年ぶりに阪神甲子園球場公演(7月25日)も開催決定! 夏の大イベントに向けて着々と準備を進めるメンバー4人に話を聞いた。...  続きを読む
DOMO PRESS     2020/02/18
【イリュージョニスト HARA】 インタビュー!
ラスベガスのマジック世界大会で日本人として初のグランプリを受賞し、世界を駆け回るHARA。各国で喝采を浴び、新時代のイリュージョニストとして活躍する彼の魅力は、何と言っても観客全員が参加型というステージにある。不思議や奇跡を共に体感すること=ステージに込められたストーリーや、ファンタジーに没入することで観た人全てが笑顔になる。そこには不可能が可能になるという力強いメッセージがあるのかもしれない。今までのマジックショーにはない“感動”をぜひ体感して欲しい。...  続きを読む
ARTIST & RELEASE 情報     2020/01/09
【back number】 "NO MAGIC TOUR 2019" ライブDVD&Blu-ray、3/25リリース決定!
●back numberが、2019年8月に開催した大阪城ホール公演を収録した映像作品『NO MAGIC TOUR 2019 at 大阪城ホール』をリリースすることが決定した。...  続きを読む
DOMO PRESS     2019/12/23
【松室政哉】インタビュー!
ポップスに選ばれた男・松室政哉。満を持してこの冬リリースする配信シングル『ハジマリノ鐘』は、2ndシングル『僕は僕で僕じゃない』に続きこれまで第三者的な目線で楽曲を紡いできた松室が、より自身の経験や思いをリアルに表現した渾身のバラードソングだ。もがき苦しむ中にも愛と希望を感じる本作を前に、今の心境を語ってもらった。...  続きを読む




【稲川淳二】インタビュー!

DOMO PRESS

2020/07/07

稲川淳二 interview
「稲川淳二の怪談ナイト」今年もあいつがやってくる…。御年72歳となる稲川さんが、今年もやってくれます28年連続公演!こんな世の中だからこそ届けたいもの、楽しみに待っていてくれるファンの皆さんへ、昨年よりも83.5倍面白い作品をお届け予定!?(どこまで本当の話なんだか…笑)コロナ禍の中でも前を向いて発信し続ける座長の姿は、きっと私達に勇気と希望を与えてくれるはず!
textaco yamazaki

 
STAGE
MYSTERY NIGHT TOUR 2020
稲川淳二の怪談ナイト
8/28(金)レクザムホール・小ホール(香川県県民ホール)
8/29(土)松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
9/19(土)高知市文化プラザ・かるぽーと
※香川公演は香川県教育会館・ミューズホールから、レクザムホール・小ホールへ会場を変更。各公演感染症対策に取り組みつつ公演を実施する予定。


◎緊急事態宣言が解除となり、少しずつ動き出した日本経済。そんな中でもやはりコンサートやイベント関係の公演実施に関しては実に厳しい状況を強いられている。中止や延期が相次ぎ、キャンペーンやインタビューの機会も皆無となったが、ここへ来て一筋の光が…。なんと稲川さんが怪談ナイトを開催する旨を正式に発表した。今までと“同条件での開催”は難しいとしても、一先ず私達にとっては希望を感じる明るいニュースである。それに伴い、なんと初のリモートインタビューにも応じて下さった。この状況下でもできることを!…と、稲川さんの姿勢には頭が下がる思いだ。
この自粛期間も含め、稲川さんはどんな風にコロナ禍を捉え、過ごされていたのか?
「自粛という事で髭も髪もずいぶんと伸びてましたねぇ。例年ならこの時期は心霊探訪にも行くんですがどこにも行けないですし…。私はいつも怪談というのは非日常だという風に皆さんに言っていますが、まさにコロナ禍の今が“非日常”という感じですよね。ですから3月から今まで街歩きもせずにずっと家にこもって執筆活動をしていましたよ〜。時間がたっぷりあったので今年は例年よりも質のいい怪談が完成しそうですよ。頭の中に物語を浮かべながらやっていると怖さで震えたりして(笑)いろんなアイディアが生まれてくるので楽しんでやっていました」
まさに今が非日常という表現は、実に稲川さんらしくて上手く時代を風刺しているなと納得。暗く長いトンネルも進んで行けば必ずや出口はある。冒頭から既にもう稲川さんの怪談を聞いているような感覚になった。毎年各地で【満員御霊!】が続出している本公演だが、ガイドラインやロードマップが出ていない中でのチケット発売、今年はいろいろと大変なのではないか?
「そうですね〜怪談は皆が集まってだんだん前に寄ってきて仲良くなるっていうのが楽しいんです。それが今年はできないので…会場の50%をお客さんで、あとの50%は霊にしようかなと思ってます(笑)私の知り合いの霊を随分と呼んでるの。ただ大変なのはプロデューサーを始め制作サイドなんですよね。単純に席の間隔を空けたらいいというわけではないので。会場によっては急遽座席のプランが変更になる場合があるかもしれないのですが、一生懸命やっているのでご容赦下さいね。」
現在、8/28の香川公演は会場がレクザムホールへ変更(8/29愛媛公演・9/19高知公演は変更なし)、座席数を会場の50%にしてチケットを販売しているという。当日は皆さんのご理解と、ご協力を頂き、なんとか無事に開催したいものだが、座席が変更になるという事はステージプラン等も当初のイメージとは変わってくるのだろうか?
「昨年の段階では今年のオリンピックを想定して今まで温めてきた良い話を全部出しちゃおう!という気持ちだったんです。毎年好評の舞台セットも、オリンピックといえば=金メダル。2億8千万円かけて金閣寺を派手に作ろうと言っていました(笑)あら?信じてないの?(笑)ところが状況が変わってきちゃったもんだから大人数で作業なんてできないでしょ?だから急遽変えなきゃならないって事で今回はイメージ世界を強調したいと思ってるんです。こういう時だからこそ逆に普段できないような舞台セットで皆さんを楽しませたいと思ってますよ」
理想的な状況を作るハードルが高い中でも試行錯誤を繰り返している座長。舞台のイメージに関してはどこまでが本当の話だったのか謎は残るが(笑)こんな中でもお客さんに楽しんでもらえる環境を模索し続ける姿には勇気をもらえる。
「こういう状況なんだけども、やっぱり楽しいことは楽しくしたいし、盛り上がりたいものは盛り上がりたいですよね。せっかく来てもらうんだからそれはもう一生懸命考えてますよ。今回たくさんの方にお手紙やハガキも頂きましてね…稲川さん元気ですか?生きてますか?!って。これはもう長年やらせて頂いて私は本当に皆さんに救われていますから、この感謝の気持ちを精魂込めた公演にしたいですよ」
さて、気になる今年の公演のみどころだが…。
「今年は本当に話が凄く良いですよ!どのくらい良いかって言うと昨年の83.5倍くらい良いですね(笑)私が60歳くらいの頃から温めていて、やっと破片が繋がってお話に仕上がったんですが、今までの中でも“これは絶対良いだろうな”というお話が出来るかと思います。もちろん怪談=怖いんですけど怖い話の中にも推理できる話があります。あとは怖いけど不思議な話…怖さに質感があるっていうのかな…。外は光が当たっているのに家の中は暗いっていうような、なんだか不思議な感覚っていうのかな?あとは懐かしい話、幾つか箸休めみたいな面白いジャブも出そうと思っていたりね。最後は心温まるお話で締めたいなと。そうそう、心霊写真も今年は怖いですよ〜。話を聞いた後にこれを見ると皆さん絶対にびっくりするでしょうねぇ…」
まだまだ不安定な世の中ではあるが、稲川さんにお会いできる夏の終わりを楽しみに日常を取り戻していきたいところ。今年も稲川怪談に“非日常”を求める皆さんと作り上げる、怖いけど懐かしくて、なんだか心地よいあの空間が待ち遠しい。
「私も人間だからこの歳になると落ち込むこともあるし、相談する人間なんかもういない。だから胸の内にしまってあるんですよ。でもふとした時に皆さんから頂いた手紙を呼んでいると、胸が熱くなって、その瞬間に力が湧くんだな。だからこそやってやろうって。残り少ない人生かもしれないけど一日一日大切にしたいですよね。昔は私の一日なんて530円くらいだったんですけど今は38,000円くらいですね(笑)大好きな皆さんとその時間を共有できる、それが私の生きがいです。待ってて下さいよ〜参りますから!」
 
 
-------------- END --------------

よくあるご質問