1. DUKEオフィシャル
  2. >
  3. NEWS PRESS
  4. >
  5. NEWS PRESS 記事詳細

よくあるご質問

NEWS PRESS ー 新着情報 ー

【Live report】MONSTER biSH 2017 ~絶対出たいぞモンバス!!~ supported by MONSTER baSH

DOMO PRESS

2017/05/12

MONSTER biSH 2017 ~絶対出たいぞモンバス!!supported by MONSTER baSH 

4/29(sat)高松festhalle Live report

 

モンスタービッシュ。モンスターバッシュをパロッたこのタイトルからお察しの通り、モンバスに出たすぎるBiSHが自ら出演を賭けて香川県でイベントをやっちゃおう!というのがこのライヴの発端。その発想は無かった…!と思わず感心するとともに、貪欲でチャレンジ精神旺盛なBiSHらしい行動は流石のもの。対バンとしてLONGMANEVERLONG MISTYGRN KNOTも参加し、429日の高松festhalleは賑やかな夜となった。

 

この日は来場者全員に『MONSTER biSH 2017』と印字された特製ラバーバンドが配られ、参加者の士気も高まる。ロック好きもアイドル好きも皆混ざり合い、ステージに立つバンドのアクトを目一杯楽しもうという空気感だった。香川の地元バンド・GRN KNOTが華やかな歌声でスタートを切ると、愛知発のMISTYでは早くもサークルモッシュが出現するなど盛り上がりに更にエンジンをかける。同じく愛知は名古屋発のEVERLONGが“超ポップで超キャッチー”な楽曲でオーディエンスの心を掴むと、お次はBiSHともツーマンライヴを開催するなど親交の深いLONGMANが登場!愛媛出身の彼らにとってはホームである四国で、持ち前のフレッシュさと明日へのパワーが溢れる堂々たるステージを展開。ラストの曲に差し掛かろうとした時、「ちょっと待ったー!!」と次の出番を待たずして、BiSHよりハシヤスメ・アツコが登場(笑)

 

戸惑うLONGMAN3人に、モノ申すというハシヤスメ。「LONGMANさ…MONSTER baSH出るよね…?」そう、実はイベント出演者の中で唯一モンバスへの出演が決まっているLONGMAN。今年は3年連続出演という彼らの言葉を聞いたBiSHメンバーがステージに集結!なんとLONGMANのラスト曲を乗っ取ったのだ!乗っ取ると言いながらも、自分たちではなくちゃっかりLONGMANの『Back Home』を一緒に歌って踊ってしまうあたりが微笑ましい。2組の思わぬコラボにフロアのテンションがより引き上げられたところで…

 

いよいよトリを飾るBiSHが登場!アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D6人を待ってましたとばかりに出迎えるオーディエンス。『生きててよかったというのなら』からゆる~くライヴが始まったかと思いきや、『MONSTERS』、『OTNK』と“楽器を持たないパンクバンド”の名の通りパンキッシュなハードナンバーで一気に狂熱の空間へと変えていく。チッチが「今日はこんなに沢山の人が集まってくれて嬉しいです!」とお礼を告げると、続けて「私たちはまだMONSTER baSHに出られるか決まっていないんですけど…勝手に行く事をプロミスします!」と宣言。大胆な宣言にオーディエンスもスタッフも驚く中、最新シングル『プロミスザスター』へ!メンバーが一体となって身体全体で星を描くダンスや、心の叫びや願いがひしひしと伝わってくる歌声、何より楽曲の壮大さと疾走感に負けずそれさえも武器にして必死に歌って踊るその姿には胸に迫るモノがあった。

続いて『本当本気』、『ウォント』で激しくもエモーショナルな楽曲に乗せたキュートなダンスで魅せれば、『beautifulさ』では幾度となく困難に立ち向かってきた彼女たちの強さに勇気づけられ、再びグッと胸を締め付けられた。そしてラストナンバー『BiSH -星が瞬く夜に-』では四国に縁のあるアイナが「香川県ー!大好きです!絶対MONSTER baSH出るぞー!!」と叫びをあげ、それに呼応するようにオーディエンスからもアツイ声援が送られた。アンコールでは再びLONGMANと『BiSH -星が瞬く夜に-』を披露し、ステージのそこらかしこでメンバーそれぞれが心から楽しんでいる笑顔が印象的だった。開演までは“BiSHがモンバスに出たら良いな”、という気持ちだったのが、終演後には“モンバスで絶対観たい!”という強い気持ちに変わっていたのは私だけではないはずだ。

 

今回のイベントだけでも、何度も“まさか”な展開で観る者を楽しませたBiSH。強烈なアピールをかました彼女たちは、果たしてモンバスに出演出来るのだろうか…!?個性ある6人の歌声(叫び)が、モンバスの会場であるまんのう公園に轟いた時、一体どんな光景が待っているのだろう…!もし実現してもしなかったとしても、彼女たちは予想の遥か上を超えてくるに違いない。だってこんなにも可能性に満ちた“MONSTERS”なグループを“MONSTERbaSHが放っておくわけないでしょう!と、このイベントを見届けた一人として大きな希望を込めてここに書かせてもらう。(因みに本レポートを更新する5月12日現在、MONSTER baSH 2017BiSH出演のアナウンスはされていない…)

 

よくあるご質問